熱中小学校が来春開講 大人が学べる地域創生の場で注意すべきこと

山形県上坂町で、大人がまちづくりなどの専門知識や一般教養を学ぶ「熱中小学校」が来春開講されるようです。
熱中時代の撮影が行われた小学校校舎を活用して行われていた山形県高畠町の取り組みがモデルとなっているようです。
「熱中小学校」を開校 地域づくりへ大人が専門知識学ぶ
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2016/09/2016_1474780265543.html

モデルとなった高畠町の取り組みが政府に地方創生の成功事例として認められ、全国に広がっているようです。
他にこのような産官学連携を行っているところとしては、大学が挙げられます。ここでも積極的に地域に関わる教育の場を設けており、地域の現場に足を運び、地元の人と交流を図り、その過程で地域の実態や今後の課題を学べるような授業やプロジェクトが増えました。

熱中小学校は、大人のための教育の場とされており、より地域に根ざしたミクロな学びの場となりそうです。教育と地域との連携を図るこのような場には、「よそ者、若者、ばか者」が集まることを意識しておく必要があります。

地域活性化事業における大学生との協働で覚えておきたい3つのコト

「地域活性」とは競争です。

その競争を勝ち抜くために意識すべきことを、マーケティングの視点を入れつつケーススタディにて考察しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。